• カテゴリー別アーカイブ 氷見のこと
  • きときと舎

    昨日は松葉さんでお寿司でしたが、今日はその近くにある「きときと舎(や)」さんに行きました。

    店内に一歩入ると、昔はよく町中で見かけたジャズ喫茶のような雰囲気があります(この夜は他のお客さんもいたので、店内の写真は遠慮しました)。

    晩ご飯を食べて軽くお酒を飲むために出かけました。まずビールを頼んだので、突き出しが出されます。三種盛りの真ん中のおつまみが珍しくておいしかったです。マスターに何なのか聞き忘れてしまったのですが、何か数の子のようなものをマヨネーズで和えたものでした。黒かったので数の子ではなかったようです。

    昨日に引き続き、お刺し身の盛り合わせを頼みます。さすが漁港氷見です。ここでもおいしいお刺し身が出てきます。

    手作りのギョウザも注文します。右側にちょっとだけ写っているのは、素揚げしたジャガイモを使った、ジャーマンポテト風サラダ。ちょうど品切れだったポテトサラダの代わりに出してくれました。このお店は、午前11時から営業しており(木曜定休日)、ランチも出してくれます。定食類も大変おいしいです。

    僕がこの店にくると、どんなにお腹がいっぱいでも必ず注文するのが、この焼きそばです。甘めのソースの味わいが大好き。どこのソースを使っているのでしょうか、関西風とも関東風とも違っている感じがします。

    ビールから赤ワインへ変えます。何かボディのある赤ワインでおすすめを、とマスターに頼むと、すぐに7,8本のボトルを出してくれました。その中からえいっと選んだのが南アフリカのワイン。勘で選んだのですが大当たりで、まろやかでありながらしっかりと主張もあり、けれども、いさぎよくのどに消えていく感じでした。ラベルがやぶれていたので、ワインの銘柄の記憶が定かではないのですが(アルコールの霧の中に消えかかっています)、確か”Lindon Park”という名前だったと思います。

    マスターが、これをちょっと飲んでみて、と出してくれたのが、Wild Turkeyの15年ものでした。12年ならばどこでも見かけますが、マスターによると15年ものというのは醸造所で24000本くらいしか製造せず、日本へはそのうち6000本のみ入荷とのこと。これは50度あるのですが、ストレートで口に含んでも、バニラのようなやわらかさ、まろやかな口当たりで、これくらいの度数にありがちの、口中でカッと弾けるような荒々しさが全くありません。すーっと入っていく感じがします。マスターは常にお酒に関する様々な情報をキャッチしており、珍しいお酒をいろいろと教えてくれます。今回はこれが飲めて大当たりでした。

    店内の音楽は(もちろん)ジャズです。この日かかっていたのは、安富祖貴子の『ハレルヤ〜サマー・オブ’86』。実はこの日初めて聞いて、最初は何の疑いもなく黒人女性のシンガーだと思っていました。日本人だとわかってびっくり。この人の音楽を知ることができたのも収穫でした。

    店内は、上にも書いたように昔のジャズ喫茶風。アンティークの時計やら小物が多数置かれており、けれども雑然としたところは少しもなく、不思議な秩序で店内がまとまっています。この雰囲気の中でお酒をゆっくり飲むのは、本当に気持ちがいいです。氷見でほとんどのロケが行われた、今村昌平監督の『赤い橋の下のぬるい水』の撮影の際には、出演した俳優さんたちがよく飲みに来ていたとのことです。出てくる料理もおいしいですからね、ここなら、晩ご飯と晩酌を全部すませることができますね。

    追記:この日は串カツも頼んだのですが、写真に撮るのを忘れてしまいました。おいしかったです。


  • お寿司の松葉さん

    本来記事をどんどん投稿して更新していかなければならない立場の管理人”miccho”がなかなか更新しようとしないので(コンピュータが苦手なのだそうです)、このサイトに関して技術面でのサポートをしている「裏管理人」が、つなぎとして更新をします。

    今日は当店舗「絲穂」から歩いてすぐのところにあるお寿司屋さん「松葉」さんに行ってきました。市内、近郊はもとより、広く県外からも(この日も関東方面のナンバーをつけた車がありました)お客さんがやってくるお寿司屋さん。マスコミでも何度も取り上げられています。「絲穂」とは古くからのおつきあいです。

    まず酒の肴としてお刺し身の盛り合わせを頼みました。第一段として出てきたのが、以下の写真です。庖丁で切られた角がピンと口の中で主張するほど新鮮なイカ、メバチマグロ、ゲソもさっと湯通しして盛りつけられています。

    第二段はこちらです。大トロと甘エビが口に媚びるようなおいしさでした。白身や貝は逆に噛むことに抗う歯ごたえをみせながらも、口中に旨味だけを残してのどに落ちていきます。

    握りもたくさん頼んだのですが、食べるのと飲むのに夢中になってしまい、イクラとマグロの写真だけしか撮っていませんでした。富山は米どころでもありますから、シャリも大変おいしいです。

    お味噌汁を必ず出してくれます。様々な魚のあら汁です。豊かでふくらみのある出汁が出ているので、味噌はそれを消してしまわないようごく控えめな味付けです。ささがきのごぼうが、しゃっきりとした歯ごたえのアクセントとさわやかな風味を加えています。

    氷見にお越しの際はぜひともお訪ねください。予約をなさったほうが確実です。