• シナ布の暖簾、毎年ファンの方がたくさんいらっしゃいます。

    デザインもオシャレで、いつ見ても素敵です。

    今日はどんな時が刻まれるのでしょうか。

    ヘレンドのカップも彩りよく、皆さまをお待ちしております。


  • 水無月

    今日から6月です。

    5月はいかがでしたか?長い連休で色々なペースがいつもとは違いました。気温も急に上がったり、身体もいつもとは違うペースにびっくりしています。今月は、「常」のペースに心も身体も持っていきたいものです。

    6月といえば、関西にいた頃はお茶のお稽古には、必ず美味しい水無月が出されました。氷見では本当の「水無月」にはお目にかかれず、懐かしく思い出しました。矢先に、お茶の先生からコートのお直しのご依頼がありました。夏の間に、ゆっくりとリメイクです。

    本来ならば単衣の月ですが、薄物の出番も早そうです。その日の気温で悩ましい時期ですが、トキメキながら悩みたいものです。今月は光照寺さんでクリューガーのピアノリサイタルがあります。もちろん着物で参ります。

    皆さま今夏は、お着物でお出かけされますか?夏の間にお仕上げするものは、ありませんか?

    今までとは、ちょっと違う雰囲気の帯揚げなどいかがでしょう。

    父の日用に、ちょっと素敵なギフトもございます。

    ちょっと美味しいゼリーもご用意しております。

    ちょっとした気持ちで、是非お立ち寄り下さいませ。

     


  • 茶と緑と

    和小物さくらの新作が入りました。

    二色の帯揚げ(片方は市松模様)に、深い緑の帯締め。連鴨の帯と合わせました。

    柿渋染の日傘と一緒にいかがでしょう。

    茶と緑のマッチングも、涼やかです。


  • 立巻絞り

    お単衣の頃から、お召し下さい。立巻絞りの着尺です(藤井絞)ハッとするような赤に、献上がくっきりと映えます。

    少しずつ単衣の装いに移行するこの時期は、小物選びも楽しみのひとつです。


  • ひらく

    令和の時代が始まります。

    掛け軸は、昭和天皇が即位された時に織られた、綴れ織です。時代の節目を迎えた時にと祖母が遺してくれました。

    芍薬もひらきました。

    新しい気持ちで、いち日を過ごしたいものです。